Archive for the '未分類' Category

3月 04 2015

千葉県市原市と袖ケ浦市、千葉市の不動産を選ぼう

Published by under 未分類

新しい暮らしを考えるとき、住む地域や不動産についての情報を得ることは必須といえます。そのため、インターネットなどで幅広くそういった情報を集めていくことになりますが、その中でも特に参考になるようなコンテンツに絞りたいというときもあることでしょう。たとえば、千葉県市原市と袖ヶ浦市、千葉市のエリアでそういったコンテンツを探す場合は、次のようなところが役立つと思います。 そこで、今回は「with Mamaの家」というサイトをご紹介します。こちらは、千葉県市原市と袖ヶ浦市、千葉市における新築住宅を取り扱っているサイトです。この地域周辺で新しい生活をはじめるための不動産を探す際は、ぜひここのコンテンツを利用してみましょう。販売実績についてですが、市原市・袖ヶ浦市において、平成23年度に注文住宅販売棟数売り上げNo.1という実績を残しています。 上記サイトは名前の通り、ママが暮らしやすい家をコンセプトに不動産を取り扱っています。つまり、それだけ一家の中心であるママを大切にしているということで、利用する人々を思いやったサイトといえることでしょう。家事や子育てなど、ストレスも多くあることから、女性のアイデアを取り入れたというメリットがあります。

No responses yet

10月 22 2013

市川市の戸建住宅を探すならこちらの不動産屋さんで

Published by under 未分類

市川市は千葉県内への通勤に便利なエリアです。戸建住宅も比較的手ごろな価格で販売されていますので、マイホームを持ちたい方には絶好の地域といえるでしょう。 市川市で戸建住宅を買うなら「豊友ハウジング」がおすすめです。豊友ハウジングは市川市内の一戸建て住宅の情報を豊富に取り揃えています。駅から徒歩圏内、あるいは自転車があれば10分以内で最寄り駅に行ける立地条件の物件が豊富ですから、働き盛りの方にはうってつけといえるでしょう。 豊友ハウジングのホームページで紹介されている物件情報は、写真や間取り図で様子が把握しやすくできています。室内だけでなく周辺施設も写真付きで紹介されていますので、住環境や周辺環境もよく分かります。気になる物件が見つかれば、そのままオンラインで資料請求やお問い合わせ、あるいは物件見学の予約ができます。ローンシミュレーション機能もついていて大変便利です。 市川市で戸建を探すなら⇒豊友ハウジング(市川市で戸建のおすすめホームページ) もちろん、エリアや路線による物件検索も可能です。通勤に利用する沿線によって、またお子さんが通いやすいよう小学校や中学校等の近いエリアで、といった物件探しが可能です。ご質問がある場合はフリーダイヤルにて豊友ハウジングまでお問い合わせください。

No responses yet

7月 22 2013

名古屋の新築マンションをお探しの方、マンション購入知識はここですべてわかります

Published by under 未分類

名古屋で新築マンションをお探しの方はもちろん、名古屋以外でお探しの方にも見て頂きたい不動産サイトのウェブサイトがあります。情報量が豊富なのでオススメしたいのが、名古屋の新築マンションのウェブサイトです。 名古屋近辺のエリアでの新築マンションの物件が豊富なのはもちろんですが、分譲マンションを買うまでに知っておくべき情報を一通り入手することができます。 ・実際に住むまでの流れが一目でわかる「物件購入フロー」があります。→初めて物件を購入しようとされる方、まずはご一読ください。何をいつどうやれば良いのかがわかります。 ・難しい不動産用語がチェックできる「不動産関連用語集」→不動産のホームページなどで物件を見ても、書かれている内容がイマイチ理解できなかったり、不動産屋に訪れた時にスタッフの方の話をきちんと理解できなくては困りますので、ざっと目を通しておくことをオススメします。 ・気になる返済額が気軽にわかる「ローン返済シミュレーター」もあります。→この「ローン返済シミュレーター」は、気になる物件があった時に、その返済がどうなるかをシミュレートできる「月々の支払いシミュレーション」と、予算がすでに決まっていていくらの物件までなら購入できるかシミュレートできる「購入可能額シミュレーション」の2種類があります。物件を探しながら都度都度シミュレーションできるのが良いですね。 家は大きな買い物です。事前に知識をしっかり蓄えて、良い物件を見つけて下さいね。

No responses yet

5月 09 2013

中古マンションは【三井住友トラスト不動産】

Published by under 未分類

マンションの購入を考える時、新築にするか中古にするか、迷う人もいると思います。新築は全てが新しいので気持ちよく使えますが、価格は割高です。 中古マンション物件は価格が割安で購入できるし、数が多いため、希望のエリアで探したい時には選択の幅が広がるのが良い店だと思います。 消費税増税が決まり、住宅ローンがこれからも定額で推移すると考えられることから、マンション購入の駆け込み需要も見込まれているそうです。 中古マンションなら、こちら → ◆◆◆ 中古マンションのことなら【三井住友トラスト不動産】 ◆◆◆ をごらんください。 【三井住友トラスト不動産】は、首都圏・中部・近畿・中国・九州地方の中古マンションを取り扱っています。エリアからも、沿線からも探せます。 エリア毎に特集が組まれており、「ペットと暮らせるマンション」や「100m2以上のお部屋で広々暮らせるマンション」「2000万円以下で80m2の広さのマンション」「1億円以上のハイグレードマンション」などの物件を集めた特集があるので、探してみてください。 また、「物件選びのワンポイントアドバイス」「スムーズな引っ越しのためのポイント」「購入・売却の流れ」などのコラムや情報ページもあるので参考になります。 マンションを売却したい場合には、無料査定コーナーがあるので、利用してみてください。

No responses yet

4月 30 2013

海外の不動産情報ならココ!

Published by under 未分類

日本人が住みたい海外の国…どこが一番人気が知っていますか?なんと…マレーシアなんです! なんでマレーシアか?マレーシアは日本の3分の1の物価で、住民税・相続税などもないんです!しかも不動産価格も安く高品質です。医療水準も高く衛生的で治安もいい!!快適に住める国ということでなんと7年連続1位という人気がある国なんです。 最近ではマレーシアの不動産を購入したり、投資物件を購入する日本人が増えています。そこで人気なのが日本人向けの海外不動産取扱会社。現地ガイドが日本人だったり、日本人向けに高セキュリティー物件を紹介してくれたり…海外の不動産を購入したい日本人向けの充実したサービスを提供してくれるのが魅力です。 マレーシアの不動産ならコチラがオススメです。参考→海外の不動産のフォーランドリアルティネットワーク物件が豊富で、希望エリアや価格から物件の検索ができます。無料のセミナーもあるので、不動産購入について勉強したい方にもオススメです。現地ツアーは毎日開催されていて、もちろんガイドも日本人。安心して物件の内覧や見学ができるので、物件購入も失敗しないですよ。 HPから問い合わせやセミナー予約ができるので、まずはHPへアクセス!海外不動産のことならフォーランドリアルティネットワークへ!

No responses yet

4月 18 2013

八王子市の注文住宅のことなら『アビリティーホーム』に

Published by under 未分類

東京八王子市は自然豊かな名所の多い空気のきれいな町です。東京の中では比較的地価も安く、一戸建ての注文住宅が建てやすいエリアかもしれません。しかも、八王子市では「八王子市居住環境整備補助金」という制度もあります。 そんな八王子市で、注文住宅の一戸建てを建てるなら、『アビリティーホーム』がおすすめです。 → ★☆★ アビリティーホームは八王子の注文住宅では一押しです ★☆★ なぜなら、『アビリティーホーム』では、妥協しない家造りのプロフェッショナルが自由設計でお客様の希望通りの家造りをしているからです。『アビリティーホーム』で実現するのは「十人百色の家」です。 サイトの新築ギャラリーをごらんください。快適性はもちろん、デザイン性を兼ね備えたおしゃれでスタイリッシュなお家がたくさんあります。 安心なのは、トータル金額を分かりやすく提示する「明朗会計」システムです。何となくの「坪単価いくら」といった説明はしていません。 また、『アビリティーホーム』では土地探し、住宅ローン相談も親身になって相談に乗ってくれます。 建て主様の声もたくさん掲載されていますから、ぜひ、一度のぞいてみてください。建築例を見るだけでも、自分の家造りの参考になります。 リフォームも行っていますし、リフォーム実例もあります。そちらも参考にのぞいてみてください。

No responses yet

3月 17 2013

家が建っていると固定資産税が6分の1

Published by under 未分類

現在、都心部郊外では「空き家」が社会問題になっています。空き家の社会問題化は、高齢化社会を本格的に迎え、ますます大きな問題になっていくようです。 高度成長期からバブル経済期に、働き盛りだった人たちが新築住宅を購入しましたが、その働き盛りだった人たちも、現在では、後期高齢者と言われる年齢になり自宅を手放す人も多くなっています。 さらに人口減少により、住宅購入者が減っていることも空き家問題に拍車をかけているようです。 「空き家」が問題になるのは、古くなった家を解体し更地にしないで放っておくことにあります。もっとも、解体費用がかかり、土地だけにしておくと固定資産税も高くなることから、ほったらかしにしておくしかない、という事情もあるようです。 現行では「住宅が建っていれば土地の固定資産税が6分の1に軽減される」という制度があります。逆に言うと、家を解体して土地だけにしておくと、固定資産税が6倍になるということになるわけです。 これでは誰も空き家を解体する人はいないでしょう。解体費用はかかるし、税金は高くなるし、草刈りなど土地の維持費を含めると、どう考えても「空き家」のままにしておく方がいいに決まっている・・・そんな感じがしても仕方ないように思えます。

No responses yet